figma製キリトがオーディナルスケールで魅せた大剣とセットになって復刻!

figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン1

2013年のアニメ第1期を記念して製作されたfigma製のキリト。未だに一部で公開されているオーディナルスケールで使用した大剣がセットになって復刻することが決定しました!この大剣は(オーディナルスケールをまだご覧になっていない方にはネタバレになりますが)映画のラストでキリトが敵をなぎ払ったもの。第80層から90層のボスたちを一撃で倒した剣なので相当な攻撃力の高さとみえますね。今回はフィギュアの特徴と共にオーディナルスケールのキリトについて紹介します。

オーディナルスケールはフルダイブではなく拡張現実

figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン1

過去の自分を否定するような奴に、負けるわけには行かない!

映画のタイトルにもなっているオーディナルスケールとは、拡張現実装置のオーグマーを使用したARMMORPG。フルダイブシステムのソードアートオンラインとは異なり、現実の世界とリンクしているので、運動能力は本人のそれに依存します。そのため、キリトはソードアートオンラインの時に比べると慣れるまでに時間がかかったようです。

キリトが携えている大剣は、オーディナルスケールだけに登場する

figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン2

オーディナルスケール、起動!

画像でキリトが携えている大剣は、第100層のボス撃破後にドロップされたもの。ソードアートオンラインでは、75層でキリトがヒースクリフこと茅場晶彦に勝利したので、ゲームクリアとなっていました。オーディナルスケールの終盤でアインクラッドの第100層のボスと戦うことになり、勝利後にこの大剣が登場しました。残念ながら、この大剣の名前は映画内でも解説されていないようです。

figma キリト オーディナルスケールバージョン 大剣

ユナの思いが詰まった、オーディナルスケールだけに登場する大剣

第100層ボスはフェアリィ・ダンス編の世界樹が具現化したようなモンスターで、倒しても体力がすぐに回復するチートさを持っています。ただし、光が降り注いでいる場所から移動させれば回復しないようで、そのためにキリトたちは手を休めることなくSS(ソードスキル)を連発していきます。ラストは今まで登場したメンバー全員が登場し、トドメはアスナがマザーズ・ロザリオを発動させて勝利しました。

大剣以外は2013年に発売されたフィギュアと同じ

figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン3

凛として立つ姿もかっこいいキリト。さすがは英雄

今回のフィギュアはオーディナルスケール限定の大剣以外、基本的には2013年バージョンと同じです。それでも定価で購入できる機会はなかなかないので、まだ手に入れたことがない方はこの機会に予約されることをオススメします。

figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン4

信じて待っていてくれ、アスナ。。。

エリュシデータとダークリパルサーの二刀流、かっこいいですね。キリトだけに許された、ユニークスキルです。茅場晶彦いわく、全プレイヤーの中で最も反応速度が早い者だけに二刀流が与えられるようです。言い換えれば、キリトに二刀流スキルを与えることは間接的に茅場晶彦から認められたということになりますね。

figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン5

やっぱり仮想世界とは違うな。。。!

キリトのOSS(オリジナルソードスキル)、スター・バーストストリームが発動しているシーンもフィギュアで忠実に再現していますね。

figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン6

確かにおもしろそうなガジェットではあると思うよ、こいつは。でも俺はフルダイブの方がいいかな

少し困った表情のキリト。今にも動き出しそうなくらいリアルですね。
figma キリト オーディナルスケールバージョン パターン7

後ろ姿もしっかりと作り込まれているので惚れ惚れしますね。

360度どの角度から見ても、クオリティの高い仕上がりになっています。

figma製キリトフィギュアの詳細

figma キリト O.S.ver.
ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア
ノンスケール
全高:約14.5センチ
原型:マックスファクトリー(タイゾウ)
制作協力:浅井真紀
発売元:マックスファクトリー
販売元:グッドスマイルカンパニー
価格:4,907円(税別)
2017年11月発売予定

一度に予約できるのは一人3体までのようです。欲しくなった方は以下のリンク先から予約して見てくださいね!
figma製キリトフィギュアを予約する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です